調味料 製菓材料

おかずにも使える!シナモン(パウダー)の活用法

更新日:

時々、無性にシナモン味のスイーツを食べたくなります。そんな時、小瓶に入ったパウダー状の「シナモンシュガー」が便利ですよね。今回はあえて砂糖の入っていない「シナモン」を選んでみました。色々試してみたところ、甘いものだけでなくおかずにも使えることを発見☆シナモンは、実は普通の調味料としても幅広く使えるものだったんです!

スポンサーリンク

甘い香りのシナモンパウダー、スイーツにも和食にも中華にも使える

シナモンが家にあったらどんな使い方をしますか?まずは初級編。シナモンを飲み物に振りかけると甘く上品な香りが付いて、深い味わいになります。
ミルクティーに入れたらチャイ風に。ココアコーヒーに入れるとちょっと高級な味になり、牛乳豆乳に入れると苦手な人でも飲みやすくなります。飲物ではないですが、ヨーグルトバニラアイスにも良いですね♪

ミルクたっぷりのカフェモカにシナモン!

こちらは、白玉もち粉で作ったカボチャ入りのバナナもち。白玉もち粉をボウルに入れて潰したバナナと冷蔵庫で余ってたコリンキー(サラダカボチャ)ジャムを加え(←無くてもOK(;'∀'))、耳たぶくらいの固さにしてフライパンで焼いたものです。お皿に盛って、シナモンをたっぷり振りかけました。もっちり美味しい~!和菓子によく用いられるニッキは、シナモンで代用可能。だからシナモンは和菓子とも相性が良いんです。ここに焼きリンゴを添えたら、きっともっと美味しいはず‼

お好みでたっぷりと

こちらは洋風スイーツに。ホットケーキミックスを使って作ったレーズン入りのヨーグルトケーキ。生地にシナモンを混ぜ込んで焼きました。これ、本当に美味しいです!!シナモンとレーズンを組み合わせると、まるでラム酒を使っているような味わいに。シナモン×バターの相性もいいので、ケーキやクッキー、シンプルに食パンに塗って振りかけて食べても良いですね。

シナモンはほっくりとした芋系のものや甘めのお野菜と合わせても美味しいです。例えばさつまいもスイートポテトはもちろん、大学芋にかけても美味。にんじんポタージュコーンポタージュの仕上げにもお勧め。
こちらはかぼちゃサラダ。潰したかぼちゃに、マヨネーズとレモン汁とお砂糖、シナモンを混ぜ合わせました。香りが良くスイーツのようなサラダに♪これにレーズンやクルミ、ナッツと合わせても良いかも。

ぜひ、炒め物の仕上げにシナモンを!

これまでどちらかと言えばありきたりのものを紹介してきましたが、実はとっておきのお勧めがあります♪それは炒め物にシナモンを振りかけること!
これは鶏肉とぎんなんの炒め物。味付けはめんつゆと、チューブのニンニクと刻みしょうが。スタミナ×和風の味付けにして、最後の仕上げにシナモンを振りかけました。(鶏肉をしっとり仕上げたいなら、ぜひお酢で下味をつけてみてください~。)実は恐る恐るシナモンを振りかけたのですが…これが大当たり!どこか異国風の香りが漂う一方で、味を邪魔せずにうまくまとまるんです。

この使い方、お気に入りの調味料「五香粉」からヒントを得ました。日本の七味唐辛子のような立ち位置の五香粉の中には、シナモンが含まれています。この五香粉は中華風の炒め物や汁物、揚げ物に使われる調味料なので、シナモン単体いけるかなと。→大成功♪五香粉は結構インパクトがあるため、人によっては苦手な人もいるかもしれませんが、シナモンだけならちょっとずつ試せます。いつもの料理にシナモンをプラスしてみると、新しい発見があると思いますよ~。

シナモンはスイーツだけでなく是非色んな料理に活用を☆私もこれからは、「シナモンシュガー」ではなく「シナモン」を買おうと思います(*´▽`*)

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




↓検索ワードでサイト内の記事を探します↓

-調味料, 製菓材料

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.