調味料

五香粉(ウーシャンフェン)をフル活用

更新日:

一振りするだけで本格中華の味になると言われる五香粉(ウーシャンフェン)
↑何度か買っているのに、私はこのカタカナ名をどうしても覚えられない。笑

スーパーの調味料売場や中華食材の売り場に高い確率で置かれていますが、あまり認知度が高くない調味料だと思います。でも使い勝手は良く和食や洋食にはない味わいが楽しめるため、お気に入りの調味料の一つです!

スポンサーリンク

五香粉(ウーシャンフェン)の成分

原材料を見ると、スターアニス(八角)シナモン(カシア)花椒(ホワジャオ)、クローブ、ちんぴと書かれています。五香粉という名称から決められた5種が配合されていると思いきや、「五香」は「数種類の」という意味だそうでメーカーによって種類や配合も色々みたいですね。
一応、花椒(または山椒)、クローブ、シナモンの3種と、スターアニス、フェンネル、ちんぴのうち2種、計5種類が混合されるのが一般的だとか。少し香りをかいだだけでも、その独特さは分かります。中国をはじめ、東南アジア料理の香りってこういう香りだよね、っていう香りです。中華料理の香りと味付け、肉や魚の匂い消し、強壮、消化促進作用、抗菌作用と防腐(防虫)作用、食欲を出しつつ肥満を防ぐなど何だかスゴイ効能があります。
多くのスパイスに言えることでもありますが、多量の摂取はあまり良くないとのこと。でも少量でも十分味は付くので、良くも悪くもなかなか減らない調味料です。はい、たくさん残っています!

活用法は幅広く、何にでも使える!

私が買った五香粉はS&Bのものだったので、S&BのHPを見てみたら「適した料理…炒め物、揚げ物、下味、つけ塩など。炒め物や揚げ物、煮物など、様々な素材の料理に幅広く使われ、中華風の風味をつけるのに重宝します。素材の下味付けに、また塩と混ぜて、天ぷらや唐揚げのつけ塩に使うのもおすすめです。」とありました。まぁ、つまり、何でも使えるということです。
我が家で五香粉を使った料理、さてどれでしょう。

中央の炒め物かと思いきや、手前のスープです(笑)カツオだしとお醤油の普通のお吸い物に、仕上げに五香粉とごま油を加え、柚子をトッピングしました。見た目では伝わらない、味は本格中華のスープです。

こちらはもやしと大根のひき肉あん。五香粉に加えて、五香粉に含まれている花椒を更にプラスして入れています。これは和食には絶対に出せない味わい。味付けのマンネリ化に悩んでいる方にもお勧めです。

もう一つ、これも五香粉を使って作ったパスタです。(大盛だー!)

具材は白菜とミックスベジタブル、味付けは鶏ガラスープ(顆粒)と五香粉、仕上げにごま油と白ごまを振っています。ごま油と相性がいいので、私は使うときはごま油とセットにしています。

煮物や揚げ物も良いみたいですね、つけ塩にもできるなんてちょっとビックリ。まだまだ奥深い五香粉。たくさん残っているので、変化球レシピにも挑戦したいと思います!

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




↓検索ワードでサイト内の記事を探します↓

-調味料

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.