野菜・果物・肉・魚 季節・イベント・おもてなし

1週間漬け込んだお肉で、ロティサリーポークを作ってみた

投稿日:

これまで焼き豚は何度か作ってきましたが、他の味はあまり作ってこなかったので塩&ハーブ味(セージ)に挑戦。ベーコン同様にしっかりした味を付けて、ロティサリーグリル&スモークロティサリーポークを作ってみました☆ローストポークはオーブンで焼き上げる方法ですが、ロティサリーポークは、ぐるぐると肉を回しながら焼き上げます。専用器が無い場合はローストポークのレシピの参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク

1週間かけてしっかり味をしみ込ませます!

今回の下味はベーコンと同じ味でじっくり味をしみ込ませます。詳しくは手作りベーコンの記事をご参考に♪
1キロ分の豚バラブロックを買い、半分をベーコンに、残り半分をロティサリーポークにしてみましょう。

皮側にフォークで穴を開けます。

塩と乾燥ハーブをたっぷりかけてー…、

密閉袋に入れて一週間冷蔵庫で寝かせます。一週間たったら塩とセージを水で洗って塩抜きをし、表面の水分をふき取ります。(ベーコンも併用して作っていたので、その後冷蔵庫で乾燥させましたが、ロティサリーポークのみならふき取るだけでOKです。)

1時間かけてじっくり焼き上げます

ここからはロティサリーグリルで焼き上げますが、もし無い場合はオーブンでも作れます!ロティサリーグリルの専用器で作る場合、回しながら焼き上げるため中まで均一に火が通ります。なのでここまで来たら後は焼くだけです!今回は豚肉500gなので200℃で60分。(またはオートメニューの「焼き豚」で厚みに合わせて「強」か「中」を選ぶ。)
オーブンで作る場合は、フライパンで表面を焦げ目がつくまでまんべんなく焼いてから、オーブン180℃で60分焼きます。

中ではお肉がぐるぐると回っています♪

さぁ、焼きあがりました!とっても良い匂い!!これは文句なく美味しそう~

食べてみると…わー美味しい!余計な脂は落ちたはずですが、しっかりと美味しい脂を感じます。ベーコンとした味は同じはずなのに、燻製しないとイメージが全然違う!こちらの方が水分と脂、そして味が強く感じますまわりはこんがり、中はジューシーです!
実は以前一回だけ塩&ハーブの漬け込み時間を1時間だけにして焼き上げたことがあったのですが、中に味が浸透していなかったんです。今回漬け込み時間を1週間にしたことで、肉のどこを食べても味がしみ込んでいます。後からソースなどをかける必要が無く、野菜と一緒に食べて丁度いい感じ。お正月やおもてなしにも使えるロティサリーポークとなりました。

下味1週間ってなかなかできないかと思いますが、やっぱり数時間漬け込むだけとは全く違います。(今度は数日の漬け込みだとどうなるかやってみようかな。)美味しいロティサリーポークができて大満足でした♪

サイト内の記事を検索

注目記事

1

もうすぐバレンタインですね!今年のバレンタインは平日なので、仕事終わりに作るという人やバタバタした家事の合間に作るという人も多いのではないかと思います。今回はこれまでこのサイトで紹介したチョコスイーツ ...

2

GWも残り数日ですね!これからお客様が自宅に来るという方、子どもの日のおもてなしに頭を悩ませている方、市販品の組み合わせでも作れる簡単なみつまめ(生クリームあんみつ)はいかがでしょうか(*^^*)レシ ...

3

今日はひな祭り♪優しい甘さで美味しい甘酒プリンはいかがですか(^^)?簡単ですぐに作れてとっても豪華!これからの春のお祝いやおもてなしにもお勧めの上品なスイーツです。今回は食紅を使って春らしくピンク色 ...

4

あんこうの旬は冬。今が旬のあん肝はお店で頼むとそこそこお値段がしますが、家で作ればとってもお得!思う存分いただけます(*ノωノ)実は簡単に作ることができて、おもてなしの際に作ってもちょっと驚かれるレシ ...

5

私は生野菜が大好きです。山盛りのお野菜をおかわり付きでたっぷり食べられる時、心底幸せを感じます(変人です)。凝ったサラダも良いですが、野菜をザクザク切って楽しめるスティック野菜はお昼にちょっと作るのに ...

-野菜・果物・肉・魚, 季節・イベント・おもてなし

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.