野菜・果物・肉・魚 季節・イベント・おもてなし

1週間漬け込んだお肉で、ロティサリーポークを作ってみた

投稿日:

これまで焼き豚は何度か作ってきましたが、他の味はあまり作ってこなかったので塩&ハーブ味(セージ)に挑戦。ベーコン同様にしっかりした味を付けて、ロティサリーグリル&スモークロティサリーポークを作ってみました☆ローストポークはオーブンで焼き上げる方法ですが、ロティサリーポークは、ぐるぐると肉を回しながら焼き上げます。専用器が無い場合はローストポークのレシピの参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク

1週間かけてしっかり味をしみ込ませます!

今回の下味はベーコンと同じ味でじっくり味をしみ込ませます。詳しくは手作りベーコンの記事をご参考に♪
1キロ分の豚バラブロックを買い、半分をベーコンに、残り半分をロティサリーポークにしてみましょう。

皮側にフォークで穴を開けます。

塩と乾燥ハーブをたっぷりかけてー…、

密閉袋に入れて一週間冷蔵庫で寝かせます。一週間たったら塩とセージを水で洗って塩抜きをし、表面の水分をふき取ります。(ベーコンも併用して作っていたので、その後冷蔵庫で乾燥させましたが、ロティサリーポークのみならふき取るだけでOKです。)

1時間かけてじっくり焼き上げます

ここからはロティサリーグリルで焼き上げますが、もし無い場合はオーブンでも作れます!ロティサリーグリルの専用器で作る場合、回しながら焼き上げるため中まで均一に火が通ります。なのでここまで来たら後は焼くだけです!今回は豚肉500gなので200℃で60分。(またはオートメニューの「焼き豚」で厚みに合わせて「強」か「中」を選ぶ。)
オーブンで作る場合は、フライパンで表面を焦げ目がつくまでまんべんなく焼いてから、オーブン180℃で60分焼きます。

中ではお肉がぐるぐると回っています♪

さぁ、焼きあがりました!とっても良い匂い!!これは文句なく美味しそう~

食べてみると…わー美味しい!余計な脂は落ちたはずですが、しっかりと美味しい脂を感じます。ベーコンとした味は同じはずなのに、燻製しないとイメージが全然違う!こちらの方が水分と脂、そして味が強く感じますまわりはこんがり、中はジューシーです!
実は以前一回だけ塩&ハーブの漬け込み時間を1時間だけにして焼き上げたことがあったのですが、中に味が浸透していなかったんです。今回漬け込み時間を1週間にしたことで、肉のどこを食べても味がしみ込んでいます。後からソースなどをかける必要が無く、野菜と一緒に食べて丁度いい感じ。お正月やおもてなしにも使えるロティサリーポークとなりました。

下味1週間ってなかなかできないかと思いますが、やっぱり数時間漬け込むだけとは全く違います。(今度は数日の漬け込みだとどうなるかやってみようかな。)美味しいロティサリーポークができて大満足でした♪

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




↓検索ワードでサイト内の記事を探します↓

-野菜・果物・肉・魚, 季節・イベント・おもてなし

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.