燻製

【燻製⑧】漬け時間は1日半でOK、豚肉肩ロースの燻製

更新日:

作ってみたかった豚肉の燻製です!本当はベーコンを作りたいけれど、下処理に一週間かかるので、とりあえず簡単にできるシンプルな燻製に★今回は肩ロースを使って作ってみることにしました。ちなみに我が家ではロティサリーグリル&スモークの燻製器を使っています。他の燻製器や手作り燻製器の方でも、ご参考にどうぞ(^^) ※これまで作った燻製はこちらから見ることができます。

スポンサーリンク

下味は砂糖と塩!漬け込み1日半

お肉の下味は、砂糖とお塩がシンプルでお勧め。以前紹介した「鶏ハム」(特にお勧め☆)と「鶏肉の燻製」も全く同じ下味で作っています。お塩だけよりも食べやすく、味が濃すぎないので後から何かのソースをかけたりもできるし、和食にも洋食にも合います
下味は、お肉350gにつき大体砂糖大さじ1+お塩小さじ1。今回お肉は430gだったので、大さじ1と1/2、塩は小さじ1と1/2にしました。(分量はいつも少々アバウトです、すみません(^^;) ちょうどいい大きさのパスタをチンする容器があったので、お肉を入れて空気が入らないようにラップをしました。ジップ付きの密閉容器でも大丈夫です。これを冷蔵庫に入れて1日半です。私は1日目の朝仕込んで、2日目の夕方に引き上げました。

1日半たったら、冷蔵庫から出して軽く水で洗います。

キッチンペーパーで水分をしっかりふき取って、冷蔵庫に入れて表面を乾燥させます(風乾)。これで下準備は完了(^-^)

豚肉の燻製は低温でじっくりと

ちなみに、ロティサリーグリル&スモークが推奨している豚肉の大きさは350g、厚さ4センチ以下です。今回使うお肉は430g、厚さ4.5センチなので…ギリギリですね。器の内側にくっついていないので、大丈夫でしょう(笑)!
桜チップの量は20g、「低温」「43分」に設定しました。

燻製の完成!結構縮みます。このアルミ箔の下は余計な脂がたくさんたまっていました。ヘルシー!

食べてみると…、なるほど!味はシンプル、少しパサつきはありますが美味しい‼これ、肩ロースではなく豚バラで作ったらパサつきなくできるかと(悔しい!)(;^_^A 脂が多めの部位の方がきっと美味しくできます…!

サラダの贅沢なトッピングに★ラーメンにチャーシューの代わりに乗せても良いかも!

豚肉の燻製と言えばベーコンですが漬け込みに1週間かかるのが難点。この豚肉の燻製は1日半でできますが、その分味は薄めです。でもだからこそドレッシングをかけたり、乾燥ハーブやコショウを振りかけたり、蒲焼のタレとかをプラスしたりアレンジを楽しめます♪下準備に一週間もかけられないという人は、こんな豚肉の燻製はどうでしょう(^-^)

サイト内の記事を検索

注目記事

1

もうすぐバレンタインですね!今年のバレンタインは平日なので、仕事終わりに作るという人やバタバタした家事の合間に作るという人も多いのではないかと思います。今回はこれまでこのサイトで紹介したチョコスイーツ ...

2

GWも残り数日ですね!これからお客様が自宅に来るという方、子どもの日のおもてなしに頭を悩ませている方、市販品の組み合わせでも作れる簡単なみつまめ(生クリームあんみつ)はいかがでしょうか(*^^*)レシ ...

3

今日はひな祭り♪優しい甘さで美味しい甘酒プリンはいかがですか(^^)?簡単ですぐに作れてとっても豪華!これからの春のお祝いやおもてなしにもお勧めの上品なスイーツです。今回は食紅を使って春らしくピンク色 ...

4

あんこうの旬は冬。今が旬のあん肝はお店で頼むとそこそこお値段がしますが、家で作ればとってもお得!思う存分いただけます(*ノωノ)実は簡単に作ることができて、おもてなしの際に作ってもちょっと驚かれるレシ ...

5

私は生野菜が大好きです。山盛りのお野菜をおかわり付きでたっぷり食べられる時、心底幸せを感じます(変人です)。凝ったサラダも良いですが、野菜をザクザク切って楽しめるスティック野菜はお昼にちょっと作るのに ...

-燻製

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.