主食

玄米よりも美味しく栄養豊富な「発芽玄米」、実際どう?

更新日:

少し前から気になっていた「発芽玄米」、やっと購入できました。玄米よりも美味しく栄養豊富とのことで、その味はどんなものなのかワクワク。今回は発芽玄米について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

発芽玄米は玄米を発芽させたもので、栄養と美味しさがアップしている

発芽玄米とは、その名の通り発芽させた玄米のことを言います。発芽と言ってもわずかなもので、見た目ではほとんど分かりません。水を吸っている分少し丸みを帯びて、茶色がかった色をしています。(もちろんお米自体は乾燥しているのですが。)

よーくみると発芽の”芽”があるようですが…わからず。笑

そもそも玄米とは稲から収穫されたお米から、もみ殻のみを取り除いたものを指します。白米にすると取り除かれてしまう、胚芽(はいが)と胚乳(はいにゅう)はついたままで、お米がぬかで包まれているのが特徴です。この玄米を水に浸けることで胚芽の部分が発芽します。この状態のお米のことを発芽玄米(発芽米)と言います。

どうして玄米を発芽させるのか。その理由は大きく分けて二つあります。
一つ目は栄養価がアップするためです。発芽玄米の栄養で着目したいのはギャバ。ストレス軽減作用や血中コレステロール低下作用、抗肥満効果や血圧上昇抑制効果、子どもには嬉しいアレルギーの予防、アトピー性皮膚炎改善効果などが期待できる栄養素で、白米の10倍も含まれています。もともと玄米は、ビタミンやミネラル、食物繊維などがで、完全栄養食と言われているほどで、そこから更に発芽することで栄養価はアップするのです。
発芽させる二つ目の理由は、美味しくなって食べやすくなるため。発芽することで酵素が活性化、糖質が分解され甘みが増すとともに、旨味成分であるアミノ酸が増えます。発芽によりぬかが柔らかくなることで、玄米の特徴である固さが無くなり、白米と同じように炊飯が可能。食べやすくなります。

炊飯器によっては、玄米→発芽玄米に近い状態に炊く機能がある

ちなみに我が家は一般的な炊飯器(象印 IH炊飯ジャー「極め炊き」)なのですが、お米の種類をメニューで選んでそれに合った炊き方をしてくれます。玄米→玄米モードで、発芽玄米→白米モードを選んでください、と説明書には書いてありました。ただし注意書きとして、タイマー予約や30分以上の浸水はダメ、発芽玄米の種類によっては吹きこぼれたりうまく炊けないことがあるとのこと。

我が家の炊飯器

ちなみに余談ですが…玄米→玄米モードの場合、普通の「玄米モード」の他に「玄米活性モード」が選べました。この玄米活性モードというのが発芽玄米とまではいきませんが、発芽させるのに適した環境に近づけて玄米を活性させるもの。本来玄米は40度位のお湯に浸し、2日前後置いておくと発芽します。この「玄米活性モード」は約40度で2時間維持。これによって、玄米のギャバが1.5倍になります。(発芽玄米は、玄米のギャバの2~3倍ある)
このように炊飯器によって玄米を発芽玄米に近い状態で炊き上げてくれる機能がある場合があるため、ぜひ家にある炊飯器を確認してみてください(*'▽')

ベストな配合は、白米2:発芽玄米1

発芽玄米を炊く場合、もちろん単体で炊いても良いのですが、白米の美味しさと発芽玄米の栄養と旨味を合わせて炊く方が一般的に食べやすく、黄金比率は白米2:発芽玄米1と言われています。その場合、白米のみを研いで、発芽玄米は研がずに合わせます。発芽玄米は既に綺麗であることと、洗うことによって栄養が流れ出てしまうのを防ぐためです。
つけ置き時間は「30分位がベスト」と言われていますが、今の炊飯器は浸水しなくても浸水機能がもともとついているため、する必要はありません。これは白米も同じですので、すぐに炊いて大丈夫です。水の量は「ほんの気持ち、多め」で。(でも固く炊き上がるため、個人的には最低30分は浸水させたい気持ちですが…)

さぁ、炊きあがりました!蓋を開けると、発芽玄米の茶色っぽい色が主張してきます(笑)。普通の白米のようにさっくり混ぜて、少し蒸らして…、いただきましょう☆

口に入れてみると、おお、なるほど。思ったよりも玄米を感じます。そして玄米は結構固めです(^^;個人的にはもうちょっと柔らかくしたいな~という印象。玄米ご飯に慣れていないのであれば、黄金比率を無視して、発芽玄米を少量加えることから始めてもいいかもしれません。でも素朴な味わいで、しっかり噛めることは健康にも良し!とろろご飯とかにしたら、もっと美味しいんだろうなぁ。

ちなみに、白米特有の粘りが少ないため、おにぎりにするのはちょっと適していないかも。逆にチャーハンやパエリア、カレー、ライスサラダやちらし寿司なんかには向いていると思います。

今まであまり知らなかった発芽玄米。栄養価や味などを考慮し、一度は試してみたいお米の種類と言えます。市販されているお米はたくさん種類がありますので、自分好みのお米選びをしていければいいですね♪

追記:この発芽玄米を使った「ブラウンライス(発芽玄米)ミルク」を試してみました!ご参考までに~(*^^*)

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




↓検索ワードでサイト内の記事を探します↓

-主食

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.