飲料系(茶含む)

話題の植物性ミルク、「ライスミルク(発芽玄米)」を飲んでみた

更新日:

牛乳、豆乳に続く第3のミルクとして注目度が上がっている植物性ミルク。以前アーモンドミルクココナッツミルクを紹介しましたが、今回はライスミルクを♪ライスと言っても白米ではなくブラウンライス(発芽玄米)が原料です。これがとても美味しかったのでご紹介します!

スポンサーリンク

タイ産の発芽玄米ミルク、独特の香ばしい香りと味

今回購入したのはヴイフィットのブラウンライスミルク。カルディで購入したタイ産のライスミルクです。国産にこだわったライスミルクが人気のようですが、オーガニック食材の健康重視するような通販でも扱っていた商品なので、多分質は結構良いものではないかと♪

原材料は「発芽玄米、大豆たんぱく、香料」と書いてあります。ライスミルクによっては、砂糖やお塩が加えられているものがありますが、これはそういった味の調整(?)はしていないよう。ライスミルクを飲む理由としてアレルギーによって牛乳が飲めないなどの理由の人が少なくないのですが、これは大豆たんぱくが入っているので、大豆がダメという人は避けた方が良いのかも。
ブラウンライスミルクは、玄米に含まれる食物繊維やビタミンが豊富に含まれていてカロリーも控えめ。以前発芽玄米を紹介したときにも触れましたが、白米では取り除かれてしまう胚芽と胚乳はついたままで、発芽させることにより更にギャバなどの栄養素がアップします。

早速飲んでみます(^^)!このままだと中身が見えにくいのでコップに移し替えました。写真ではわかりづらいですが…結構色が茶色い!ちょっとだけきなこ牛乳を連想させます。そして香りが良い!!馴染み深いシリアルの香ばしさのかおり。味はクセが無くとっても美味しい~♪ほんのり甘くてさらりとしています。牛乳のようなコクはなく、低脂肪乳のようにゴクゴクと飲める感じ。我が家の4歳息子も「これなにー?美味しい!おかわり!!」とにっこり。笑

ライスミルクは普段の料理の牛乳の代用品として使うことができます。でもさらりとしているため、例えばシチューのようなコクを出したいものには合わないのかも。逆にケーキなどのお菓子にはしつこくなく使えそう!
コーヒーに入れてみました。豆乳だと少々分離してしまうこともありますがライスミルクは分離することなく馴染みます☆うん、さっぱりしてます。ただライスミルクの香ばしさや甘みがコーヒーだと感じにくいのは残念。コーヒー自体はとても美味しいのですが!(きび砂糖を入れたらコクが出てさらに美味しかった♪)結論としてライスミルクとして味わうなら、そのまま飲むのが一番美味しいのかなぁ。

初めてのライスミルク、私はとっても美味しいと思いましたが、やはり特徴的な香りと味わいなので好みは分かれるかもしれません(ちなみに夫は「苦手」だったようです(;・∀・))。ただ栄養面もいいですし、調理に使うこともできるので一度買ってみる価値はあるかも。注目の第3のミルク、ぜひ試してみてくださいね!

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




↓検索ワードでサイト内の記事を探します↓

-飲料系(茶含む)

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.