燻製

【燻製11】みそ×燻製が味わい深い!味噌漬け豚バラの燻製

投稿日:

ロティサリーグリル&スモークで作る燻製シリーズ、7か月振りに再開します(*^^*)これからまたちょこちょこと色々な燻製のレシピを紹介していきたいと思いますので、他の燻製器で燻製を作っている方もぜひ参考にしていただければ嬉しいです♪
今回は、甘めの味噌で付けた豚バラブロックの燻製。以前味噌を燻製すると香り豊かで酒の肴になることを紹介しましたが、豚肉を味噌に漬け込んで燻製にすると、これまたとっても美味しいんです!!

ご飯が進むこっくりした味♪♪

スポンサーリンク

漬け込み1日半でしっかり味が付く!表面は香ばしく、コクのある仕上がりに

(材料)
・豚バラブロック …400g
・塩 …小さじ1弱
・はちみつ 20g
・砂糖(今回はきび砂糖を使用) …25g
・味噌 …80g

※砂糖を使わずはちみつだけでももちろんOKです。そのばあいははちみつ45g~50gで!やさしい甘さでコクが出ます。

ででん!と400g

(作り方)
1、豚バラブロックの表面にフォークで穴をあけ、塩をまんべんなくすりこみます。

2、ジップロックなどの密閉袋に1を入れ、はちみつ、砂糖、味噌を入れたら袋の上から揉みこみます。冷蔵庫に入れ1日半ほど漬け込みます。(半日から1日だとお肉の中まで味が浸透しない可能性もあります。私は前日の昼に仕込み、次の日の夜に燻製にしました。)

3、1日半たったら密閉袋から肉を出し、表面を軽く水で洗い流しキッチンペーパーで水分を切ります。あみ(または新しいキッチンペーパーを敷いたお皿)に乗せて冷蔵庫にいれて乾かします。(風乾)

4、燻製器にチップを大さじ4(18g)入れて、…

アルミ箔を巻いた燻製網を乗せて、その上に3のお肉を乗せます。アルミ箔で燻製容器にしっかりと蓋をしたら、「くんせいモード」の高温で40分燻製します。

燻製が終わったら、すぐにアルミ箔の蓋を外します。出来上がり!

(↑表面はだいぶ焦げているように見えますが、そんなことありません(笑)。そして燻製後は結構縮みます。)お肉が冷めてからの方が綺麗にカットできます。大丈夫だと思いますが、もし肉が厚めだと中が半生の可能性があります。切ってみて生っぽい部分があったら、フライパンで追加焼きを。←それもまた香ばしさがアップして美味しいと思います!
燻製の香りと、お味噌の香りがしっかりと調和しています。食べてみると…美味しい脂♪でもしつこさは無くてお味噌の風味とお肉の味がしっかりとします。燻製前にほとんどの味噌は洗い流してしまっていますが、中まで味が浸透☆表面が香ばしく仕上がっているのは味噌漬けならではかと!

この味わいは、ビールやワインも良いけど、日本酒や焼酎もピッタリ白米も進む味わいで、息子も夫も喜んで食べてくれました(*^^*)お正月などにここ数年は焼き豚を作っていますが、その代わりに作ってもちょっと変わっていて良いかも!おもてなしにも最適です。

長いGW、親せきの集まりやホームパーティーにも喜ばれる燻製レシピです。意外と簡単ですので、ぜひトライしてみてくださいね♪♪

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




↓検索ワードでサイト内の記事を探します↓

-燻製

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.