その他

ラードを入れると、料理がお店の味に変貌を遂げるという発見

更新日:

ラードとは、豚の背油のこと。
よく牛脂は使っていたけれど、そういえばラードは使ったことが無かったため、初めて購入しました。
スーパーで普通に売っているものだったんですね…
250gで200円くらいだったかな?
使ってみたらびっくり、料理がとっても美味しくなる油だったんです!

スポンサーリンク

ラードは体に悪くない?太らない?

ラードを使う上で、ちょっと気になったのが健康面のこと。
いくらお安く買えるとは言え、例えば普段使うサラダ油なんかよりは高いですし、それで健康を害するなら意味はないですし。
ちょっと調べてみたところ、単純にラードを摂取したからといって太ったり不健康になることはないそう。(安心。)

人間の体はよくできているもので、脂肪は例え取り過ぎたとしてもきちんと排せつする機能があります。
脂肪は腹持ちがよく、食べ過ぎを防ぐ効果もあるといわれているほど。
ただご飯や麺などの炭水化物といった糖質を一緒に摂取すると、脂肪は吸収しやすくなり太りやすくなるのは事実です。

またラードは酸化しにくい飽和脂肪酸に分類されます。
安定した油で品質が落ちにくく、熱に強いんですね~。

ラードも使う豚の品質によって、味が左右されるらしいです。
黒豚やイベリコ豚のラードは高級品で、コレステロールも低め、味はもちろん絶品なんだとか。
そんなラード、どこに売ってるんだろう?笑

ラードの活用法、料理にコクをプラスする!

ラードは油ですから、単純に普段使っている油の代わりとして使うことができます。
活用レシピを色々見てみると、中華料理と沖縄料理が多いですね~
炒め物が多いですが、例えば中華のゴマ団子のあんこにラードが含まれていたり、沖縄のサーターアンダギーもラードが使われていて、お菓子作りにも相性が良いみたいでビックリ。
単純に油分として使うのではなく、味にコクや深みを出すのにはラードがピッタリなんですね。

一番美味しかったのは…炊き込みご飯とお味噌汁‼

早速色んな料理に使ってみました!

ちなみに私が買ったラードはこんなマヨネーズの容器みたいなものに入っていました。
でもラードはちょっと固まっているので、ぐっと押し出さないと出てきません
油をすぐに使いたいって時は、なかなかでなくて焦るかもしれない。笑

炒め物に使ってみると、肉類が無くても、確かに遠くにわずかにお肉を感じます!
私はいつもそんな時はごま油を使っていたのですが、ラードも良いですね。
ごま油はゴマを強く感じますが、ラードはどんな味付けでも相性が良いです!

私のお勧めは、お味噌汁にちょい足しすること。
具は普通の具で構いません。
ラードをプラスすると、豚汁風味になるんです!

それからもう一つ、炊き込みご飯に入れること。
今回は、ごぼうとひじきとにんじんの炊き込みご飯3合分に10g強入れて炊きました。

あんまり変わらない?と思いましたが、照りが出ます!
それから旨味がアップします!
ひじきご飯ってどちらかと言えば、テンションの上がらない炊き込みご飯ですが(笑)、これはテンションの上がる炊き込みご飯に変貌します。

これは、ラードを買ったら是非試してみてほしいです!

ラードって使ってみるととても面白いですね~
使いやすい油の一つとして、これから色々活用してみたいと思います。

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




-その他
-

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.