キッチンアイテム・他

フライパン、取っ手が取れるタイプVS取れないタイプ

更新日:

フライパン選びで、取っ手が取れるものと取れないもの、どちらにするか悩む人も多いと思います。私はどちらも数年ずつ使いましたが、私なりにどちらが本当に良いのか考えてみました。

スポンサーリンク

取っ手が取れるフライパンのメリットとデメリット

取っ手が取れるフライパンを5年半近く使ってきました。
↓こちらは2年半くらい使って焦げ付くようになったので、先日サヨナラしたフライパンです。

ちなみにアイリスオーヤマダイヤモンドコートパンです。「マルチハンドル」という、他のフライパンや鍋にも付けられる取っ手がついていました。ちなみにこのフライパンの前にもアイリスオーヤマの別シリーズのフライパンを使っていて、この取っ手はその時に買ったもの。取っ手は壊れない限りずっと使えるため、フライパン本体だけ買うなど、無駄なく買い替えができるのはメリットとも言えます。

取っ手が取れるフライパンのメリットとして考えられることは色々あります。確かに取っ手が取れることはとても便利だと思ったのですが、私にとって必要かな?とも考えるようになりました。

・取っ手を外してオーブン(小さなフライパンならトースターも可)に入れられる ←これ数回しかやらなかった…。
・取っ手を外して収納できる ←これは結構便利だったけど、結局コンロに置きっぱなしの場合が多かったりする。
・取っ手を外して冷蔵庫にも入れられる ←これはやらなかった。
・取っ手を外して食卓に出せる ←これも数回やったかな?程度。

勿論これらに大きな魅力を感じて使い続ける人も多いと思いますが、私は取っ手が取れるフライパンのデメリットも考えてしまいました。

・取っ手が外せることで若干のぐらつきがある
・セットで購入する場合、複数のフライパンや鍋につき、取っ手は一つ。これは結構不便。(取っ手も複数個買えばいいのでしょうけれど…うーん。)

以上のことを考えて、先日フライパン本体に寿命が来たので、約5年ぶりに取っ手が取れないフライパンを買うことにしました。

取っ手が取れないフライパンのメリットとデメリット

今回購入したのは、極深 ブルーダイヤモンドコートフライパン、取っ手付きのものです。メーカーとかブランドとか色々考えたのですが、結局結論が出ずにホームセンターで比較的お安いものを買いました。

取っ手が取れるフライパンを使う前は、ずっと取れないタイプを使ってきました。なので、ここに帰ってきた感があります(笑)
取っ手が取れないフライパンのメリットは、安定性でしょう。炒め物でフライパンを振ったりするのには、やっぱり取っ手が付いているタイプが安心できます。デメリットとして収納スペースが必要になりますが、フライパン一個だし、まぁいっか、という結論です。ただこういうフライパンがいくつもあれば、邪魔にはなるのは事実ですね。

結局、どちらがいいのかは人それぞれ…

私は今回取っ手が取れないタイプを選びましたが、また次回購入するときに同じようなものを買う!とは言えません(^^; フライパンへの要望や不満ってその時によって違いますし、どちらにもメリットとデメリットがありますし。でもきっと同じようにフライパンの取っ手で迷っている人がいるのかも、と思ったので、ちょっとでも参考になればと思い紹介させていただきました。納得できる超一押しのフライパン、もう絶対に他のフライパンには浮気しないぞ!という商品に出会えたら幸せだなぁ。

(関連する記事:「私が鉄フライパンに踏み切れない理由」「フライパンの大きさは28センチ、深型がベスト」)

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




-キッチンアイテム・他
-

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.