野菜・果物・肉・魚 乾物

目に良い!話題の甘酸っぱいゴールデンベリー(食用ほうずき)

投稿日:

スーパーで「有機ゴールデンベリー」のドライフルーツを見つけました。写真を見ると…これはほうずき?!珍しいドライフルーツにワクワク、早速購入してみました。このゴールデンベリー、最近チアシードなどに続くスーパーフードとして注目されているよう。どのような栄養が詰まっているのか、などを含めてまとめてみました。

珍しい「食用ほうずき」のドライフルーツ

スポンサーリンク

栄養価が高く黄金色であることから”ゴールデンベリー”と呼ばれる

「ゴールデンベリー」は食用ほうずきのこと。ほうずきは「観賞用」と「食用」の二種類があり、私たち日本人に馴染み深いものは観賞用の実が赤いもの。一方の食用のほうずきはガクの中の実が黄金色をしています。主な原産地はペルー、コロンビア、ブラジルなどの南米地域。今回買ったドライフルールもペルー産のものでした。
日本では「ほうずき」と呼ばれる「ゴールデンベリー」ですが、その味わいから「ストロベリートマト」「オレンジチェリー」とも呼ばれます。また海外では「インカベリー」「ピチュベリー」「アステカベリー」という名で売られていることも。その中でもゴールデンベリーが定着したのは、黄金色の見た目と栄養価が高いことからその名がピッタリだったため。
ゴールデンベリーにたっぷり含まれているのは「ビタミンA」。これは”目のためのビタミン”と言われるくらい視力の維持に役立つ栄養素で、他にも免疫力を高め、風邪や老化、生活習慣病の予防にもとても役立ちます。他に注目すべきなのは「イノシトール」肝臓や皮膚にもよく、身体に不要なものを蓄積させない効果があることから美容と健康にも役立つ栄養素です。他にもビタミンCや鉄分などが含まれ言うことなしナノですが、一点注意したいのがわずかにアルカロイドという成分が含まれていること。妊婦さんは避けるべき成分で流産しやすくなると言われています。数個食べただけなら大丈夫ですが、念のため避けた方が良いかもしれません。

生で食べると柔らかな酸味のあるミニトマト、乾燥させると味が凝縮

生で食べても美味しかった!

このゴールデンベリー、実は数カ月前に泊まった宿の夕飯のデザートに生のものが添えられていました。(写真、撮ってなかったー泣!)オーナーさんが食用ほうずきを育てていてなんと自家製。私が驚いていたらもう一つおまけに頂きました。黄金色の実の周りのガクは付いたまま、実の部分をガブリ。食感はミニトマトですが、味はおだやかな酸っぱさと甘さ、ほんのわずかな苦み?がありました。ほうずきはナス属の植物なので、生で食べるナスのクセに近いと言ったら分かりますかね(^^; 小さなケーキに添えられていたのですが、甘すぎないほうずきとの相性が抜群でした☆
今回買ったのはドライフルーツ。食べてみると、味は同じ(当たり前!)ですが、水分が抜けていることで味がダイレクトに感じる気がします。一般的なドライフルーツよりは甘くないので、他のものと一緒に食べると酸味が強調されてしまうかも。

乾燥すると結構小さい。

ヨーグルトに乗せてみました。一緒に乗せたのはクコの実。あとはちみつを少々。ヨーグルトはもともと酸味があるので合う!でも個人的にはやっぱりそのまま食べるのが一番かなぁ。サラダに合わせるのも良いみたいですが、私はやっぱりこのままが好きです。

ヨーグルトに乗せて。

珍しいゴールデンベリー。あまり目にする機会は無いかもしれませんが、今注目されている食材の一つだそうなのでこれからはもっと手に取る機会が増えるかも?!貴重なフルーツですから、機会があったらぜひ試してみてくださいね(*^-^*)

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




↓検索ワードでサイト内の記事を探します↓

-野菜・果物・肉・魚, 乾物

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.