季節・イベント・おもてなし

秋の行楽や運動会に!失敗しない、サンドイッチ弁当

更新日:

息子の運動会にはサンドイッチ弁当を作りました。これからの季節は遠足や家族でお出かけする機会も多いと思いますが、サンドイッチは手軽で食べやすくアレンジも無限!美味しく作るポイントをまとめてみました。

息子にとって初めての運動会!

スポンサーリンク

バターは端までたっぷり、野菜の水分は念入りに取り除く

サンドイッチはパンと具材の間にしっかりと油分を挟むことが最大のポイント。お弁当は作ってすぐに食べるわけではないので、具材の水分がどうしてもパンに染みてしまいます。それを出来るだけ阻止するために、いつもの1.5倍~2倍量のバター(マーガリン)を全面に塗ります。(カロリーは気にしてはダメ。笑)

バターを隙間なく塗りまくる

今回のサンドイッチの中身は2種類。一つ目は、和風スイートポテト風サンド。バターとはちみつ入りのさつまいもを潰したもの+あんこの組み合わせです。もう一種は贅沢サンド。レタス+ハム+卵サラダ+ツナ!普段はこんなに入れません(^^;←この贅沢サンドの方は食パンにバターではなく市販のチーズソースを塗りました。隙間なくしっかりと塗れる点はスライスチーズよりも良いかも♪

市販のチーズソース、便利!!

野菜を挟む際は、水分を極力除くことも大切です。レタスはサラダスピナーで水分を切ってから、キッチンペーパーで挟んで水分を除きました。卵サラダのマヨネーズも入れ過ぎると水分が多くなるので適量で。ツナの油は出来るだけ切ってから使います。

レタスの水分は切る!!

今回は具材をたっぷり入れたので、一つ一つラップでしっかりと包んでから包丁で半分にカットしました。そのラップは付いたままお弁当箱(タッパー)へ。タッパーには見栄えよくカラフルなペーパータオルを敷いています(食べた後手もふけるし何かと便利!)。蓋を閉じる前にサンドイッチの上に更にラップをして、断面が空気に触れないように。今回はちょうどいい大きさのタッパーが足りなくなってしまい、お菓子の空き箱を活用しました(笑) おにぎりよりもサンドイッチはかさむので、タッパーは大きめを準備してください(;^_^A

ぎゅうぎゅうになっちゃいました…(^^;

お芋好きの3歳息子はスイートポテト風サンドを一人で3個半食べてご満悦。おにぎりだとこうはいきません(笑)。いつもお弁当はお米派という人はぜひ一度作ってみてください(*^▽^*)慣れないうちは手間ですが、綺麗にタッパーに詰められるとなかなか快感です‼

付け合わせの鶏のから揚げ、下味にコツ

余談ですが…、今回お弁当に入れた鶏のから揚げ。下味としてお酢に漬け込んだお陰で、ジューシーに味が中までしっかり染みてとっても美味しかったんです。

お弁当と言えば唐揚げ!

一応簡単に作り方を。鶏肉2枚につき、下味(お酢、しょうゆ、みりん…各大さじ1、塩コショウ、ニンニク・しょうが(チューブ)…各2センチ分)に15分漬け込んだ後、卵を一個加えて混ぜ、小麦粉+片栗粉(…合わせて1カップ)をまぶして油で揚げます。
お酢を入れても全く酸っぱくありません!パサつかずジューシーでやわらかな美味しい唐揚げができました♪サンドイッチと一緒に宜しければぜひ(*´▽`*)

google ad yuki固定大




google ad yuki固定大




↓検索ワードでサイト内の記事を探します↓

-季節・イベント・おもてなし

Copyright© Yuki's Small Kitchen , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.